旅行の荷物

確認を行っておく

ビザが必要かどうかの確認

海外旅行に行くときに、まず確認しなくてはならないのは、その国へ行くのにビザが必要かどうかです。国によっては、3ヶ月程度までの観光の滞在にはビザが必要ないところもありますが、インドのように、短期間の滞在でもビザの必要な国もあります。旅行会社に聞いたり、自分でインターネットで調べたりして、事前にしっかり確認することが大切です。そして、ビザが必要とわかれば、申請書をビザセンターでもらうか、オンラインでダウンロードするかして記入し、添付書類を添えて申請しなくてはなりません。これはなかなか手間のかかる作業で、仕事をしている人などはなかなかビザセンターまで足を運ぶこともできないでしょう。そんな人のために、代行業者に依頼する人が年々増えています。代行業者はますます増加する傾向にあります。

インドビザを取得するには

インドビザ申請センターは東京と大阪にしかなく、遠方の人が申請を行うには手間と時間がかかります。そこで、代行業者を通してインドビザを取得する人が多いようです。インドビザの申請料金に加え、代行業者の手数料がかかりますが、5000円以下で依頼できるところが多く、手間を考えるとそんなに高額ではありません。インドビザでは、提出する写真の条件が厳しいため、代行業者を使うことにより事前の確認および変更が可能であることも良い点です。代行業者はインターネットなどで調べて、メールで連絡できるところがほとんどです。書類の送付などのやり取りで処理できるので、忙しい人も利用できます。ただし、観光ビザではなく、ビジネスビザや婚姻ビザなどの場合は、面接がある場合もあり、対面で相談することも多くなります。信頼できる代行業者を選びましょう。